こんにちは!

自分らしいファッションコーディネートで
春夏秋冬のカジュアル・きれいめなど
TPOに沿った装いをかっこよく楽しめるようになりたい
骨格診断士まさきです。



ここ数年流行が続いているのが
『オーバーサイズ』。


逆にぴったり身体に沿うタイトなシルエットは
今やあまり持っていないという方も多いのでは。
私も手持ちのほとんどは
あえて大きめのサイズを選んで購入しています。


そんなオーバーサイズの
何がどう良いのか?
ポイントを絞って解説したいと思います!




肩幅を強調しない


40FDB963-BE43-49D3-AADD-1139AA213355
(Photo by ZARA)



オーバーサイズは肩のラインがグッと落ちて、
袖が肩より下からついています。

自分の肩と服の肩幅が同じか小さめだと
ジャストサイズや小さめサイズになり
肩は目立ちますが、

服の肩幅が大きくあいまいだと
自分の本当の肩幅も不明瞭にしてくれます。
肩ラインがグッと落ちることで、
いかり肩などにも効果が。

ただし薄いテロンとした生地では
自分の肩の形がはっきり出てしまうので、
やや厚めやハリのある生地がおすすめです。




胸元を強調しない



FD74A539-A84B-4C86-BBE0-C8939F2A7656
(Photo by ZARA)



ボディコン
Body consciousという言葉がありましたが、
タイトでぴったりした服は身体のラインを強調します。
女性らしいラインを強調したいときはOKだけど、
普段には少しセクシーすぎるかもしれません。


ボンキュッボンの体型に自信のある方は
むしろその方が魅力的になるかもしれませんが、
ユニセックスなスタイルが好きとか、
あまり体型をあらわにしたくないと思う方には
オーバーサイズが役に立ちます。


特に胸元は
オーバーサイズのシャツなどを着ることで
スッキリ見える効果があります。

ボディコンでセクシーさを強調するより
爽やかな色気を感じさせることも可能です。


また、オーバーサイズの中で身体が泳ぐ感じで
逆に細く見えることも。




対比で細く見える


DSC_6580



トップスにオーバーサイズを持ってきて
ボトムスを細身のパンツやスカートにすると、
対比効果で脚が細く見えます。


大きな服の袖から手首が見えると
細く見えたりもしますよね。




重ね着でコーデに深みが出る


49F21E2D-F20B-4E0A-9F2D-59D1711F12D3
(Photo by Pinterest)



オーバーサイズのもう一つの魅力は、
ゆったりと大きなサイズであるがゆえに
下に重ね着することができることです。


夏にはタンクトップを重ねて色で遊んだり、
冬にはハイネックやニットを重ねて
奥行きのあるコーディネートを楽しむことができます。




さいごに


オーバーサイズの魅力、伝わりましたでしょうか

ただし骨格診断のセオリーから言うと
大きなシルエットが無条件に似合うのは
骨格ナチュラルさん。

でもだからといって他のタイプがダメなわけでもなく、

ジャストサイズが似合う骨格ストレートさんなら
1サイズ大きめくらいで
スッキリ見えするストライプ柄にしたり

柔らかなぴったりめトップスが似合う骨格ウエーブさんなら
テロンとした生地で少し大きめくらいにするなど

それぞれに似合う
オーバーサイズを楽しんでほしいと思います!





こちらも



にほんブログ村 ファッションブログへ


骨格ごとのコーデが見れます。




40代ファッションブログはこちら

そして
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
インテリアブログはこちら